2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.06.28 (Wed)

食欲不振の鼓太郎

ほぼ腎不全状態の鼓太郎は、ここ2週間ぐらい普段の半分ぐらいしかご飯を食べないので心配です。腎臓病用のペットフードは4種類程しかないのですが、どのメーカーも数週間で拒絶反応を示すので最近は一般食と混ぜたり交互に与えたりして何とか食べさせているのですが結構ムラがあり困ります。

IMGP3038.jpg
ユーカヌバは最近全く食べません。ウオルサム同様、鼓太郎にとっては美味しくないのでしょうね。

IMGP3041.jpg
ヒルズの『u/d』は少量ながら今でも食べることのできる唯一の腎臓食です。

体調がかなり悪いらしくちょっと動けばゼーゼーと苦しそうにするので、散歩もできるだけ短い距離で体の負担を少なくするようにしています。

ガンバレ鼓太郎!

6月30日は2才の誕生日なので、腎臓食でなく「ビストロごん太」ゲットでしょ。



スポンサーサイト

テーマ : かわいい♪コーギー - ジャンル : ペット

EDIT  |  23:39  |  鼓太郎  |  CM(0)  |  Top↑

2006.06.25 (Sun)

美瑛ヘルシーマラソン ③

アフターランは美瑛観光です。
レンタカーを美瑛駅前の駐車場(無料)に止め、近くのそば屋「そば天」で数限定の『冷やしカレーうどん(840円)』で腹ごしらえ。

12:08発の普通列車で隣の美馬牛駅へ向かい、そこで12:37発の3両編成の観光列車『ノロッコ2号』で美瑛駅にUターン。
IMGP2946.jpg IMGP2952.jpg
美馬牛駅へ入ってくるノロッコ号。 3号車の自由席は台湾の観光客だらけ。

ここから美瑛の丘巡りスタートです。雨は降ってなかったのですが、よくある美瑛の写真のように緑の丘のバックが真っ青な空ではなかったです。
IMGP2965.jpg IMGP2970.jpgケンとメリーの木        セブンスターの木

IMGP2972.jpg IMGP2976.jpg
親子の木           マイルドセブンの丘

IMGP2978.jpg IMGP2983.jpg
ジェットコースターの道     哲学の木

この日の宿は苫小牧の「ホテル杉田」で素泊まり4800円(大浴場有り)。本当は札幌の予定だったのですが、ちょうどこの日が『yosakoi ソーラン』の最終日なので人混みなども鑑みてちょっと離れたところに泊まることにしたのです。

翌日は、朝起きたら気温8℃で小雨。あまりにも寒く風邪ひきそうなので、バスで1時間30分かけて登別温泉へ向かい「さぎり湯」なる外湯にポチャンしてよみがえるのでした。


テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:54  |  マラソン  |  CM(0)  |  Top↑

2006.06.18 (Sun)

美瑛ヘルシーマラソン ②

美瑛の朝は早い。と言うより緯度の違いで朝4時過ぎには明るくなるのです。

民宿は素泊まりだったので朝食を取らず8時頃にチェックアウトして会場に近い駐車場に入れる。コンビニで買ったおにぎりを食べウオームアップしているうちに気温が18℃まで上昇。

IMGP2929.jpg IMGP2932.jpg

IMGP2935.jpg IMGP2937.jpg
(左)ハーフのスタート地点は白金温泉なのでメイン会場からバスにて移動です。
(右)壮大な十勝岳をバックに走ります。


参加者は3000人以上で、僕が一番遠方かと思ってたのですが四国や九州からも沢山の参加者がありビックリでした。

biei2006-02.jpg biei2006-03.jpg
クォーターの部まもなくスタートです。   biei2006-04.jpg biei2006-05.jpg
「三愛の丘」方面に向かって気持ちよくランしています。

美瑛は『丘の町』と言われているのですが、クォーターの部では緩やかなアップダウンはありましたがさほど問題にはならず、それよりも景色のすばらしさに感動しながら走ってました。


biei2006-06.jpg
7km地点の近くだったと思います。丘の間をゆっくりカーブしながら走ります。

biei2006-07.jpg
ゴール地点には簡易シャワー(?)が有り助かりました。

気温は北海道滞在中で最も高くて(たぶん18~20度)さすがに汗をかきました。理由はわからないのですが、いつも体が重くなる5km前後で結構軽く走れたのが不思議でした。
写真を撮りながら、景色を楽しみながらのランで56分30秒は本当に上出来です。
次に参加する機会があれば、ハーフで十勝岳をバックに時間をたっぷりかけて景色をもっと満喫しながら走ってみたいですね。

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:43  |  マラソン  |  CM(0)  |  Top↑

2006.06.15 (Thu)

美瑛ヘルシーマラソン ①

先週末は「美瑛ヘルシーマラソン」に参加するために2泊3日で北海道へ行ってきました。天気があまり良くなかったのですが、それ以上に気温が低くて最低気温8℃では長袖一枚では勝てません。

土曜日の神戸9時発千歳行きのJAL機にて久しぶりの北海道。ネットで予約した三菱レンタカーの「COLT」で美瑛・富良野方面へスタート。(1泊2日で9900円)

当初は旭川まで走って昼食は「旭川ラーメン」、その後美瑛の丘巡りでもしようかと考えていたのですが、小雨が降っているとのことで富良野で『北の国から』巡りに変更。千歳から高速に乗り三笠インターで降りて富良野まで約2時間10分くらい。とりあえず腹ごしらえと言うことで富良野名物「カレー」を食べることに。富良野駅近くの『ヒノデダイナー』で「ごろごろ野菜のアジアンスープカレー(780円)」をオーダー。星3つ!ですよ。

IMGP2848.jpg IMGP2852.jpg


食後は『北の国から』にまつわる観光ポイントを何カ所か周り感激でした。
IMGP2872.jpg IMGP2877.jpg
拾ってきた家          丸太小屋           
IMGP2879.jpg IMGP2861.jpg
五郎の石の家         五郎、純、蛍が最初に着いた駅

マラソンの前日受付が5時までなので4時頃には富良野を出て、受付会場である美瑛町民センターでとりあえず受付を済ませて宿にチェックイン。事前に大会前夜祭に申し込んでいたので(1000円)、チェックイン後徒歩にて会場に急いだのですが着いたら5時半を過ぎていたのです。食べ物はほとんど残ってなくてポテトとウインナーを少々食べた程度ですが、ビールは結構飲みましたね。ゲストは増田明美さん夫妻でツーショット写真は撮らなかったですが一緒に「乾杯」したりとか結構楽しかったですよ。

IMGP2900.jpg IMGP2906.jpg
増田明美さん           美瑛産のワインもあるよ!

IMGP2914.jpg IMGP2909.jpg
増田明美&夫による抽選会    全体の雰囲気

6時30分には会も終わったので、駅近くの居酒屋で少しだけエネルギー補給して翌日に備える。

IMGP2923.jpg
駅前から宿の方向へ通じる大通り。きれいでしょ。

IMGP2891.jpg IMGP2926.jpg
民宿たきかわは駅から3分ほどで、自転車屋経営で機種も豊富です。
IMGP2889.jpg IMGP2924.jpg

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:48  |  マラソン  |  CM(0)  |  Top↑

2006.06.05 (Mon)

京都チャリティファンラン

 『いつも健康のために走っているあなた!1日だけ人のために走ってみませんか!!』を合言葉に、毎年開催している京都チャリティ・ファンランのことは前から知っていたのですが、単調な周回コースが理由で今までパスしてきました。

今回初めて、亀のように遅いおじさんでも記録に関係なく少しでもお役に立てればと参加してきました。参加料がNGO団体(NICCO・KIDS・リボーン京都)に寄付され、ジャワ島地震支援やラオス貧困農村の織物・洋裁技術支援、世界中の途上国の自立支援に役立てられるとのことす。
IMGP2793.jpg IMGP2806.jpg

場所は京都・宝ヶ池。学生時代に下宿していた上賀茂からも近く懐かしい思い出もある一方、地下鉄が通るなどかなり開発が進んでいてビックリでした。

受付にハガキを持っていくとゼッケンと安全ピン2本と輪ゴム4本を渡されたのでした。ゼッケンは番号がなく種目別に色分けされてるだけで安全ピントともに回収され次の大会に使われます。輪ゴムは1周する度に回収場所(スタート地点付近)に投げ捨てるのです。IMGP2809.jpg

宝ヶ池周回遊歩道を4周するのですが、コースの9割以上が砂利及び土道なので足下に気をつけなければいけないのと土埃が結構きつかったですね。逆に雨が降ったら間違いなくドロドロになるでしょう。f_map2005.jpg

IMGP2828.jpg IMGP2798.jpg
IMGP2822.jpg IMGP2827.jpg

10kmの部は5kmと2.5kmと同時スタートでたぶん500人以上が一斉にスタートしたのですが最初の1kmは8分ぐらいかかったでしょう。ちなみに1周戻ってきたタイムが17分でビックリ。このペースだと1時間8分以上だ!もともと大会の趣旨であるように記録を狙わず楽しく走るつもりだったのですが、さすがに1時間以上は駄目でしょうということでその後少しペースを上げるも結局59分32秒でゴール。

コース上2カ所ある給水ポイント(10kmなので計8回通過)ではコップの色で水とスポーツドリンクが分かれていて、若いボランティアの方が忙しくコップの回収・洗浄・給水をされてる姿が感動的でした。バナナもあったのですが食べずじまいでした。残念。IMGP2792.jpg

ゴールすると係の方からタイムを記入したカードを渡されるのです。完走証が必要な人は、そのカードに自分の名前と参加種目を記入し受付へ持っていくと手書きで完走証を発行してくれるのでした。
IMGP2829.jpg
kyoto-charity2006.jpg


完走証を記入してもらってるとき、他の運営スタッフから正午現在の気温が32℃と発表され私も含め皆『え゛~』!。

参加者とスタッフの一体感や開催趣旨などを考えると来年以降も参加(協力)していきたいと思う素晴らしい大会でした。

IMGP2804.jpg
↑男子更衣室だそうです。

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:02  |  マラソン  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。