2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.02.27 (Fri)

コザに酔いしれて ~ Part1

1年に1回沖縄へ行かないと....やばいことになります。

東京マラソンの抽選に漏れて即「おきなわマラソン」にエントリー。
アップダウンがきついのでタイムを狙えるコースではないのですが、持病である「沖縄病」の薬が切れてきたので1年ぶりに『ぬちぐすい』をもらいに行ってきました。

P1000740(1).jpg P1000745(1).jpg


沖縄本島で那覇以外へ行く時はいつもレンタカーを借りるのですが、今回は超緊縮財政のため那覇空港から高速バスで沖縄市へ。
大会前日(2月21日・土)の午後2時15分頃那覇空港に到着後、午後2時30分発の高速バス(111系統)で受付会場に一番近い沖縄自動車道の『喜舎場』BSで下車の予定。
15分でtransitを完了させなくてはいけない....
こんな時に限りいや~な機長アナウンスが「強い向かい風の影響で那覇空港到着時刻が5分遅れます」って宣うし。1本後のバスでも当日受付には間に合うけど全体のスケジュールが狂うしな~。
やはり数分遅れで那覇空港に着陸したけど、基本的に飛行機は前方に席を取るようにしているので着陸後ダッシュでバス乗り場へ走りセーフ!

『喜舎場』BSから数分歩いた中城村役場付近からローカルバスに乗り、受付会場の『沖縄県総合運動公園』へ。

P1000748(1).jpg P1000751-2.jpg
受付会場の公園北口についたけど....どうやって注意したらええねんよ!


沖縄市は以前「コザ」と呼ばれていた。
でも私の中では今でも「コザ」である。
理由は ..... 文章では表現できない。




本日の宿『グレイスホテル』は、マラソン会場から直線距離で4kmほど。
沖縄市中心部(胡屋十字路)の近くなのですが、バスを乗り継いで30分。
お風呂なんかは総タイル張りで割れやカビもあるので決して綺麗とは言えない。
今の日本人なら「え~」って思うかも知れないけど、20年前にアメリカの西海岸を彷徨ってたオッサンは懐かしさが溢れてきましたよ。


P1000757(1).jpg P1000764(1).jpg
終戦後にアメリカ人向けの宿として作られたので開放感がある気持ちよい宿



KOZA(現・沖縄市)は米軍と共に発展してきた町である。
米兵相手のライブハウスやいかがわしい店が数え切れないくらいあったそうです。
終戦から80年代前半ぐらいまでは米軍バブル状態で毎日しわのないドル札が飛び交っていたらしい。
しかし、円高や米軍の規模縮小・規律遵守などの様々な要因で嘉手納基地のゲート街として栄えてきた沖縄市は日に日にスラム化が進み、街全体がいわゆるシャッター通りの様な状態になりつつある。

沖縄本島への観光客の多くは那覇近辺と恩納村のビーチに集中する。
是非ともディープなコザにも触れて欲しいものすね。

P1000775(1).jpg P1000776(1).jpg
嘉手納基地のGATE2からの城下町ストリート...ゲート通り

P1000782(1).jpg P1000783(1).jpg
どう見ても古き良き(?)アメリカのダウンタウンそのものでしょ


チェックイン後は大好きなコザの町を写真を撮りながら軽くジョグ。
夕食は楽ランEASTのSさんと一緒に「大衆食堂ミッキー」へ。
この店は元々ゲート通りで米兵相手に大盛り料理を出していたのだが再開発でパークアベニューへ移転してきたらしい。

P1000771(1).jpg
おしゃれな「中央パークアベニュー」....ここもシャッター通りだ!

P1000797(1).jpg
大会前の夕食は楽ラン・Sさんとパークアベニューの「ミッキー」へ

P1000796(1).jpg P1000794(1).jpg
ドルは使えるし、量は外人仕様なのでメチャ多い!(特大タコス3個で600円)


Sさんと別れて当然飲み足りない食い足りないボガは、何年か前にぶらっと入って魚が美味しかった中の町の「サバニ」なる小さな小料理屋へ。サバニとは沖縄独特の漁船のことで、コザで上手い魚を食べたけりゃここ....と私は思っている。マラソン前なのでカーボローディングといきたいとこだけど、せっかくの沖縄だし明日(日曜)は定休日らしいので「オーダー...グルクンの唐揚げ !」

大将「内地からネ~」
ボガ「はい、神戸です」
大将「唐揚げもあるけど、”ウニ焼き”がお勧めさ~」
ボガ「え?聞いたことないけど....お願いしま~す」




P1000806(1).jpg P1000798(1).jpg


P1000803-2.jpg
グルクンのウニ焼き(650円) 絶品です!! あだ名はグルクンのイナバウアー


泡盛も入ってエンジンがかかってきたヨー!

コザと言えば音楽でしょ。
米兵相手のライブハウスやクラブから民謡酒場などが点在している。
そこでいつも問題になるのが営業日時。
特にライブハウスは米兵相手なので、週末の金・土の夜9時以降にオープンして朝までドンチャン騒ぎってのが多い。そして今回行きたかったのがゲート通りのライブハウス『JET』


P1000779(1).jpg P1000807(1).jpg



かれこれ25年以上も前に大好きだった沖縄ハードロックの女王・喜屋武マリー with Medusaでドラムを叩いていた伝説のドラマー「こうちゃん」こと長濱浩二さんのお店です。
金・土のみの営業なのでフルマラソン前だけど「酔いどれランナーには関係ないし...」って行って来ました。10時からの2回目ステージは、ジャーニーやランディーローズ、ピンクフロイド、クラプトンなどの70~80年代前半の懐かしい曲を中心に約40分ほどでした。この時間帯の客層は日本人と外人が半々でしたが12時を過ぎると外人さんばっかりだそうです。

P1000808(1).jpg P1000815(1).jpg
コザのBARなどではドルが使えるのでいつも持っていくことにしている



カウンターで一人で飲んでたのですが、ステージを終えた”こうちゃん”が横に座ったので声を掛けると丁寧に対応してくれたのです。もう感激ですね。この歳になってミーハー状態ですわ。次のステージまでの休憩は20分もないというのにずっと喋りぱなしでした。ほんま、有り難うございました。

P1000823(1).jpg
かなり痩せちゃったな~  でもドラムテクはやっぱ素晴らしい!!


kozy-001.jpg



最後に”こうちゃん”からBig Newsを。
喜屋武マリーが長年の東京生活からコザに帰ってきてパークアベニューで"Asian Rose"って店をやってるよって聞いたのでした。

超・ビックリ&どっきりですわ。

「休みは日曜だけなので今日は開いてると思うので行っといでよ!」って言われたのでぶっ飛んでいったけど臨時休業のようで営業してなかった....あ~残念。

次の沖縄は決まりだ。金曜の夜 at Asian Rose .


 ~ おまけ ~

P1000789(1).jpg
宿の近くにあった「アヒル亭」なる居酒屋。アヒル汁....気になるな!


スポンサーサイト

テーマ : 沖縄旅行 - ジャンル : 旅行

EDIT  |  23:07  |  沖縄  |  CM(6)  |  Top↑

2009.02.25 (Wed)

おきなわマラソン ~ ちびらーさん

1年2ヶ月ぶりの沖縄。今回はやっと念願叶い沖縄で唯一の公認大会である『おきなわマラソン』に参加する事ができました。

本土から参加するランナーの多くは那覇市内や恩納村のホテルからツアーバスやレンタカーで会場入りをする。私はディープな沖縄好き人間なのでスタート地点から4kmほどのコザ(現・沖縄市)に宿を取る。

前日に受付を済ませていたのでスタート(9時)1時間前に会場である沖縄県総合運動公園に到着。参加者が1万人を越す大きな大会なので更衣室や手荷物預かりが大混雑。そのような中でなんとムコ多糖症III型患者の『依里ちゃんファミリー』にお会いすることができた。ほぼキセキでしょ。やっぱ黄色のユニフォームと風船は目立つよね。

P1000830(1).jpg
みんな、チバリヨ~

軽く柔軟体操をしてからアップもせずにスタートラインへ。
並んだところは一番前。サブスリーランナーの楽ランEASTのSさんと同じ...っておいおい。

P1000834(1).jpg P1000833(1).jpg


気温は既に20度を超えている。
でも曇天で適度な風もあるのでコンディションとしては申し分ない。
そんな走りやすい状況の中、スタートの合図と共に周りにつられて予定よりかなりオーバー気味に飛び出してしまう。何と言っても今日の目的は長野マラソンへ向けての練習って宣言しながらの「南国飲み放・食べ放ファンラン」やのに....大丈夫か?

10kmまではフラットで走りやすいけど海沿いなのでとにかく風が強い。
5km - 23分40秒
10km - 47分35秒
ありゃ、ちょっと飛ばしすぎ?


             P1000842(1).jpg
P1000844(1).jpg P1000845(1).jpg
10kmまでにこんなに可愛い応援があるのよね。そりゃ飛ばすわな。


10kmを過ぎて勝連城跡のあたりから長くキツイ坂が待っていた。
ここでスピードを落とさずに走ったのが最終的に足腰に大きなダメージを与えてしまったようである。この辺りから市街地へ入るので沿道の応援が大きくなってきて、本当に楽しくて有り難い。「いっぺーにふぇーでーびる」


15km地点で3時間30分のペースランナーに追いつかれてしまった。

P1000846(1).jpg

しばらく付いて走ることに...と3キロほど走ったあたりで嬉しいエイドを発見したのでお立ち寄り~♪ 腰もチョット痛くなり始めたので休憩です。

P1000847(1).jpg P1000848(1).jpg
左の彼女...大笑いです。そりゃ写真撮って2杯も食べたらネ! まーさっさー!


中間地点が1時間43分16秒....

ここまでなんとかキロ4分台後半で走ってきたけど、これ以降はズルズルとペースを落としてしまいゴールするまで2度と4分台に戻ることはなかった。


P1000849(1).jpg P1000850(1).jpg
みんな、ありがとう! バナナもいっぱい食べたよ! くわっちーさびたん



26km地点あたりからまたもや長くてきつい坂が始まる。
今日は携帯とデジカメをポーチに入れて走っていたのですが、このあたりから仕事の電話がバシバシかかってくる。職業柄この時期の週末は書き入れ時なので出ないわけにはいかないのです! あ~つらい。きっと相手さんは「何ハアハア言ってるんやろう?」と不思議がってるでしょうね。



およそ3キロはあろうかと思われる長い登り坂に飽きてきた28km地点で電話&休憩タイム。

P1000853(1).jpg
沿道のおばちゃんに写真を撮って貰いました。



そして坂を上り切ってから、コースはこの大会ならではの『米軍嘉手納基地』内に入っていく。

さあいよいよゲートが見えてきた。
写真撮ってええんやろうか? 捕まれへんかな?
カメラを取り出して構えると....ファインダーの向こうは笑顔!笑顔!
思わず "Yeah!!" だぜ。

P1000854(1).jpg P1000855(1).jpg


沖縄県の中だけどここは"USA"、それも住所はカリフォルニアらしい。
さすがに応援も外人仕様だ。"Fight !"、"Yeah !!"、"Good Job !"に混じって「ガンバッテ」等の日本語で盛り立ててくれる。それもメッチャ甲高い奇声を張り上げながら。

P1000856(1).jpg P1000858(1).jpg

P1000859(1).jpg P1000862(1).jpg

わずか10分足らずだったけど久しぶりのアメリカ旅行を満喫できましたわ。
そしてGATE5から日本に戻るときに一言、"Good Bye, California!!"と叫ぶと何人かの兵士が手を挙げて楽しそうに反応してくれた。やっぱ面白いや。



さてマラソンの方はと言うと、足全体が悲鳴を上げている。
嘉手納基地(31km地点)を出て球陽高校までの「ももやま通り」がいや~なアップで、立て続けに2回立ち止まってしまう。この辺りは沿道の応援も多くランナーが立ち止まるとすぐに何人かが心配そうに集まってきてくれて、エアーサロンパスや食べ物を提供してくれる。エアーサロンパスをかけていただいて屈伸運動も手伝ってくれたオッちゃん...有り難う。

P1000863(1).jpg P1000865(1).jpg
最高のエイドと笑顔に助けられました....有り難うね。



何とかレースに戻ったけど31km地点からの2kmは14分10秒....キロ7分以上かかってしまったわ。
こんだけ休んだんだから次の5キロは5分台で走ると決意して必死のパッチ走りだ。
特にライカム(35km)から瑞慶覧(36km)にかけては下り基調なので「筋肉も体力も使わないぞ、ダラダラ走り戦法」で何とか5キロを28分ほどで抜けた。

P1000866(1).jpg
ライカムの交差点。普段車でしか走らないので新鮮ですな。

38km地点からは短く緩いアップなのだが足が前に進まない。
オバアがやってる美味しそうなエイドを見つけてまたも休憩
大粒のイチゴがめっちゃマイウでした。

P1000868(1).jpg P1000869(1).jpg
カメ~、イチゴの次は即アクエリアスで最後の水分補給完了。



40km地点からの1kmは下り坂なので最後のインターバル練習として4分台狙いでダッシュしたつもりだけど5分11秒もかかってしまった...がっくり。
もう力は残ってなかったです。
ちなみにラストの2kmぐらいは住宅地をはずれるためエイドや応援も少なく、私のように力不足ランナーは「しおしおのパー!!」になりそうです。←ちょっと古いか?


フラフラでゴールしたら、美里高校の野球部が拍手しながら「お疲れさまでした」、「お帰りなさい」と出迎えてくれて記録証を渡してくれる。
ちょっとビックリしたけど清々しくて気持ちいいな。


タイムは....3時間44分15秒

今回はアップダウンの多い中で足腰を鍛えながらのスピード練習....のつもりでしたけど予想どおり飲み放題・食べ放題ファンランになってしまいました。写真にはなかったけどおにぎりやチョコ味のちんすこうはgoodでした。



ゴール後すぐにSさんに電話したら既に着替えて普通にそのへんを歩いてるし。こっちはその後の着替えの時、ふくらはぎから太股、足の甲と次から次へと攣っていき10分間ほど「変なオジサン」状態だったのに。





~ after ~

①とりあえず...乾杯さびら!

P1000876(1).jpg


②パウチッコ 
沖縄の大会でいつも見るのが記録証のラミネート加工。Sさんも当然記録証と裏面にゼッケンを貼ってパウチッコしてました。
P1000874(1).jpg

③コザ高校駅伝部 
沖縄から本土大会などへ遠征するには大変な費用がかかるようです。この日も地元コザ高校の駅伝部がブースを立てて資金造成募金を一生懸命訴えていたのでSさんと共にわずかながら協力させていただきました。ガンバレ!コザ高校。
P1000873(1).jpg

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:37  |  マラソン  |  CM(20)  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

マジか? ミステリーツアー!

先週参加の香川丸亀国際ハーフ....株安と円高のW直撃で資金不足となり超エコノミー旅行になってしまった。

神戸・三宮から岡山まではヤフオクでGETした神姫バス回数券で1820円。
岡山から丸亀は普通列車で960円。
朝8時過ぎに神戸を出て12時頃に丸亀到着。


香川での楽しみと言えば当然『讃岐うどんを食す!』でしょう。
ぎゅっと締まったコシのある麺と鰹やいりこで取った上品な出汁。
高校時代を愛媛で過ごし、社会人になっても営業担当エリアが四国だったので讃岐うどんは日常的に食べていた。

今回は特にどの店に行こうとか決めてなかったのですが、次の予定(Qちゃんのクリニック)時間が迫っていたので丸亀駅に置いてあった観光マップを見て一番近いうどん屋へ。
丸亀駅から西へ5分ほど歩いて『多恵寿』で釜玉うどん(370円)。


P1000620-2.jpg

P1000621-2.jpg
讃岐うどんと言えばセルフのおでん!


    goodです! さすが老舗ですな。


丸亀市内のホテルはフルハウス状態だったのでQちゃんのクリニックを受けてから琴平へ。高松より誘惑が少ないし電車で30分ほどですからね。
本日の宿はマンションをリノベーションした「サンウェル コトヒラ」で4000円。
琴平駅から徒歩3分ぐらいで、キッチン有り~の、無料レンタサイクル有り~の、電子レンジもフロア内に完備と結構使えます。

P1000661-2.jpg P1000659-2.jpg
見ての通り普通のマンションの普通のワンルームだけど使いやすいホテル


せっかく琴平に着たのだから金比羅さんに参らなくては。
10年ほど前に登った記憶があるけど....まあ明日レースがあるのでゆっくり足に負担のかからないように登り始める。

P1000663-2.jpg

本宮までは約900段。
やっぱ絵になるので何枚か写真を撮りながらゆっくり登る。
おっと、日も暮れ始めて薄暗くなったのでそろそろ戻らなくては。
ハッキリ言って下りの方がきつかったですわ。


ホテルでシャワーを浴びた後は旅の楽しみ...地元の居酒屋へGO!
まあ田舎なのでNo Choice状態ですから、徒歩4分ほどの金蔵川ほとりの『小染』へ。

P1000673-2.jpg


大将や横のアベックと明日のマラソンのことで大盛り上がり。楽しかった!
正月の「雑煮」の話をしていた時、大将が「琴平はあんこ餅の雑煮やけど食べてみるか?」。TVの情報番組などで高知はあん餅の雑煮って言うのを聞いてたけど...「ん~?」でしょ。
でも滅多にない機会だし、恐いもの見たさで「はい、お願いしま~す」。

P1000672-2.jpg
ハッキリ言って...白味噌にマッチして『マ・イ・ウ!!』でした。


基本的に讃岐うどん屋さんは夕方までに営業を終わるのがほとんどです。
琴平で宴会後にうどんを食べることのできるのは国道沿いの『むさし』だけ。
8時30分がラストオーダーらしいので小染を8時に切り上げて10分ぐらい歩いて到着。お勧めは「カレーうどん」らしい。それは邪道でしょう!!って事で普通のハイカラうどんを注文したのでしたが....ハッキリ言って「なんだこりゃ!」でした。コシが無いゾ~!! カレーうどんにしておけばこんな後悔しなかったかもね。

ハーフマラソン本番は目標タイムに届かず帰路は傷心エコノミー旅行でした。
丸亀駅から岡山経由で全て在来線にて神戸まで約3300円 ... しょぼ~ん泣き顔!!



そして翌日ミステリーが....ナ蕈

当然いつものようにデジカメで1泊2日の旅を記録してきたのです。
SDカードをPCに入れて1枚ずつ見ていくと.....
あれ? なんかおかしくない?
撮ったはずやのに何枚か無いよ~。
よくチェックすると...金比羅さんを登り始めてから下山するまでの約10枚が見あたらない。その前後はきっちりと残っているのに。

え~...やばくね~!!

撮り終えてから万が一自分で削除したらシーケンスナンバーが飛んでるはずやけど一切欠番がない。
なんで金比羅さんの中だけ? なんだか恐~い...

もちろんこの日は照明とテレビをつけたまま寝ました。


東京マラソンに参加するフジTVの平井アナが丸亀ハーフ完走。gnj0902020502010-p1.jpg oth0902011813013-p1.jpg









テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:18  |  マラソン  |  CM(12)  |  Top↑

2009.02.03 (Tue)

高い壁... 

今シーズンはハーフ3本と10km3本ぐらい走っている。
普段の練習と言えば週末LSDぐらいしかしないので、それが唯一のスピード練習になるのかな?
そしてその成果を試すべく一昨日は『香川丸亀国際ハーフ』にチャレンジしてきた。
カーブが少なく大きなアップダウンがないため屈指の高速コースとして毎年素晴らしい記録が出ることで有名。沿道の応援も地方マラソンの中では群を抜いていると思う。

前日は高橋尚子と金哲彦による「ジョギング教室」があるとのことで朝8時のバスに乗って現地入り。何と言っても無料で先着500人限定ですからね。
ストレッチや姿勢などの初歩的な部分をわかりやすく指導していました。

P1000633-2.jpg P1000644-2.jpg

最後のメニューは翌日のレースのペースランナーと一緒にトラック5周。
当然1時間30分のペースメーカーと走るもたった2kmでフラフラ!!
本番大丈夫かな?

この日は琴平に宿を取っていたのでチェックイン後に軽くジョグをしてから金比羅さんの本宮まで階段を上ってお参り。800段ぐらいだから大丈夫かなって思ってたけど....夜入念にマッサージをしたにもかかわらず翌朝は足が重いわ。



本番当日、丸亀駅から会場へ向かうシャトルバスに乗り込むと楽ランEASTのSぎもさんが偶然にも乗ってきた。ここから最後までご一緒することになりました。

P1000685-2.jpg
丸亀競技場は結構良いですよ。



スタートまでめちゃリラックス。うどん食べて、小学生1kmの部を見て、エリート選手のアップを見学し~の...ストレッチのみアップ無しでいざ本番。
え~んかそんなんで!! 

P1000692-2.jpg
ファンサービス旺盛な奥様ランナーの土佐選手

P1000696-2.jpg
可愛いけどこの日はシリアスモードの加納選手

招待選手が素晴らしく、女子はマーラヤマウチや土佐礼子、加納由理、男子は箱根駅伝2区で驚異の走りを見せたモグス(山梨学院大)とダニエル(日大)や尾方剛、佐藤敦之などのトップ連中が大挙参戦の総勢6000名のビッグな大会がいよいよスタート。

陸連登録が900人ほどいるのでスタートロスも30秒。
最初の1kmは5分近くかかったけどその後はキロ4分06秒平均で5km地点まで突っ込んでみた。
このまま行けば1時間28分台ぐらいだけど....
当然5km過ぎてからペースダウンです。

P1000704-2.jpg

8km地点あたりでトップ集団のモグス・ダニエルとすれ違う。
二人だけ異次元の走りだ。


折り返してすぐに1時間30分のペースランナーに追いつかれてしまう。
とにかく15km地点まで見える範囲(200mほど?)に付いておけば何とか自己ベストは更新できるはず。

しかしおかしい。
スタート前の役員挨拶の話だと、最初は向かい風だが折り返してからは追い風になるって言ってたのに.... 嘘つきめ!

最後まで前半の突っ込み過ぎと金比羅さんの階段のおかげで足が乗ってこない。
昨日のQちゃんの話を思い出して姿勢をチェックしながら走っていると19km手前で沿道から大声援。
そう、Qちゃんが特別参加で走っていたのでした。すっごい人気。

P1000699-2.jpg
ちょっとぽっちゃりしたかな? でも足は細かったですよ

あっという間に追いつかれ数秒間併走したけどレベルが違いすぎま~す。
笑いながら、話しながら、握手しながら、でも一瞬のうちに遙か彼方へ...
この数秒間で呼吸が乱れてしまったわ。

20km地点で道路から競技場の周回道路に入るのだがここから長い。競技場に入っても1周半600mもある....よくTVで見る光景だ。


    結果は   1時間31分28秒

とりあえず自己新を3分30秒ほど更新したけど...
でも、悔しい!



00-05km 21.12
05-10km 21.12
10-15km 21.54
15-20km 22.23
LAST    4.44


1時間30分の壁...大きくて高いですね。
でも1年後の大阪ハーフで再挑戦します!
倒し甲斐があるぜ...巨人と一緒にまとめて料理してやるって!



レース後はシャトルバスが全く来る気配がなかったので丸亀駅までの4kmをダウンを兼ねて歩く。駅前で目標タイムに約1分ほど届かなかったSぎもさんとお疲れ&残念会でプハービール

さあ、神戸に戻ろうと電車に乗ると悪魔のメールがびしびし入ってくる。
「神戸に何時に戻るの? 飲み会やで!」
そう、この日は和歌山の口熊野マラソンに楽ランメンバーが大挙して参加していた。
その打ち上げを神戸でするので合流しろとの脅迫メール!?
シャワー浴びて~よー....と思いながら香川から岡山経由で気が付くと神戸のいつもの居酒屋にいました。

P1000705-2.jpg

何と楽しき仲間達!!  濃い一日お疲れさまでした。

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:26  |  マラソン  |  CM(14)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。