2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.08.20 (Fri)

宇和島観光ジョグ

宇和島には中3の夏に大阪から引っ越してきて約3年半ほど住んでいた。当時は学校と趣味のバンド活動中心の毎日だったので宇和島の歴史や自然に関してあまり興味がなかった。


さすがに年齢とともに読書や旅行を通じてその地に関する歴史などに興味が出てくるものです。

今回は10年ぶりの同窓会に併せて久しぶりに里帰りしたので、たった半日しかないけど宇和島観光ジョグをすることに。



宇和島市は愛媛県南部(南予地方)に位置し、美しいリアス式海岸の続く海で養殖されている真珠や魚は日本有数。城下町や宿場町、門前町も多く、いにしえ情緒たっぷりの町並みが今も残されている。

P1070806(1).jpg
宇和島城天守閣より



大坂の陣で活躍した奥羽の覇者・独眼竜こと仙台藩主伊達政宗の長庶子・秀宗(長男だが側室の子)に元和元年(1615年)伊予宇和島10万石が与えられ、それ以降は伊達氏が廃藩置県まで治めた。特に八代伊達宗城はいわゆる幕末の四賢侯として有名で、逃亡中の高野長英を匿い蘭書翻訳を行わせ、イネ・シーボルトを保護し、村田蔵六を招いて蘭学を講じさせ、台場築造・軍艦建造を行ったりと、時代の先を見る目があったらしい。



竜華山等覚寺

先ずは藩祖の眠る竜華山等覚寺にある「藩主伊達家墓所」へ。
伊達家菩提寺で初代秀宗や八代宗城(むねなり)など代々の墓があり、大名の墓所として荘厳雄大。墓所での撮影は遠慮しました。

P1070739(1).jpg
味がある山門です



宇和島城

加藤清正と並ぶ築城の名手・藤堂高虎によって築城されたといわれてます。
天守閣は築城以来約400年の歳月を経ており、現存する12ヶ所(弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城)の天守閣のうちでも江戸時代様式を留める貴重なものとして国の重要文化財(城跡は史跡)に指定されている。

P1070804(1).jpg



高野長英居住地

高野長英はシーボルトの鳴滝塾にて医学・蘭学を学び、その後は塾頭となるほどの秀才であったが、幕府を批判したため追われる。宇和島藩主伊達宗城に匿われ、蘭学の指導、兵書の翻訳、砲台の築造に協力したそうです。

P1070750(1).jpg
高野長英をかくまっていた所。



大村益次郎の住居跡

わが国近代兵制の創設者として有名な大村益次郎(私にとっては村田蔵六と言った方がしっくりとくるのですが)は緒方洪庵の適塾で蘭学を学び、後に八代藩主伊達宗城の招きによって来藩し、蘭学の教授、兵書、翻訳に従事した。昔NHKの大河ドラマで『花神』(原作は司馬遼太郎)が放映されていた頃、ちょうど宇和島時代だったのだが村田蔵六に関しては名前ぐらいしか知識として残ってない...司馬遼太郎の本を読み漁りたくなってきたな!

P1070825(1).jpg
このあたりをシーボルトの娘・おイネさんと...



えひめ丸慰霊碑

2001年、米国原潜「グリーンビル」がハワイ沖で宇和島水産高校の漁業実習船「えひめ丸」に衝突して沈没させ実習生ら9人の命を奪った。水産高校の中に慰霊碑が建てられているので黙祷を捧げる。
P1070827(1).jpg
学校が休みだったので外から慰霊碑に向かって黙祷



和霊神社

漁業を中心に広く産業の神として、中四国で崇められている和霊信仰。その総本山といえるのが宇和島の和霊神社で石造りの大鳥居は日本一の大きさです。最近知ったのですが、土佐の坂本龍馬の家守護神(屋敷神)は和霊神社だそうです。文久2年3月24日、龍馬は「ちくと花見に行ってくるきに」と言って家を出ると、桜花爛漫の高知市外にある和霊神社に詣で、祖霊と酒を酌み交わしてから脱藩したとのこと。和霊神社の本社が宇和島であることが碑文に明記されている。ちなみに私が卒業した宇和島市立城北中学校は和霊神社の横...その当時そんなこと知ってたら歴史が変わったかもぜよ!!

P1070835(1).jpg

P1070837(1).jpg



この辺りで走り出して5kmぐらいだけど35度を超える酷暑ランでフラフラ。次の闘牛場は山の上...



闘牛場

スペインの闘牛とは違うけど日本にも闘牛の文化があります。
久慈市(岩手)、二十村郷(新潟県)、隠岐島、宇和島市、徳之島、沖縄などが盛んで、どちらかと言えば相撲の形態に近いです。たまたま当日『宇和島闘牛お盆場所』が開催されてたので近くまで走ってみた。宇和島在住時代は当然行ったこと無いけど現地人(同世代)もほとんど縁がないらしい。やっぱ観光用の闘牛みたいです。ちなみに35年前にピンクレディーが宇和島でコンサートした会場はこの闘牛場です。

P1070844(1).jpg




天赦園

七代藩主宗紀が隠居の場所として建造した池泉廻遊式庭園。伊達家の先祖が藤原鎌足であると言うことから藤原氏を偲び6基の藤棚があるのだが...季節的に(真夏ですから)色鮮やかな藤の花は無しでしたわ。ここも初めてなのですが、小さいけど整備の行き届いた綺麗な庭園でした。

P1070860(1).jpg



市立伊達博物館

ここも初めて入りました。伊達家歴代の古文書のほか、武具・甲冑や貴重な調度品、衣装、陶磁器など、伊達十万石の歴史と文化を今に伝える逸品が多数展示されています。
特に、国の重要文化財に指定されている豊臣秀吉の肖像画は、国内に残っているものの中で最も優れたもので、歴史の教科書にも使用されているらしい。


まあ名所ではないけど母校・宇和島東高校や当時入り浸ってた喫茶店などを懐かしみながらの想い出探しマラニックは13キロ。暑すぎました!


おまけ
P1070759(1).jpg P1070755(1).jpg
ワシントン椰子が並ぶ駅前通    宇和島駅の中には「牛鬼」が...

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

EDIT  |  17:52  |  未分類  |  CM(2)  |  Top↑

2010.08.16 (Mon)

宇和島で同窓会

今年のお盆は宇和島東高校の卒業30周年記念同窓会に出席するため久しぶりに愛媛県へ。ベースは関西人だけど親の転勤で多感な高校時代だけ宇和島で過ごしたのでした。


金曜日の午前中に仕事を終わらせ車で約6時間。
渋滞にも巻き込まれず予定よりも早く着いたので市内中心部を1時間ほど軽くジョグ。夜は、この日朝からゴルフを楽しんでた級友達と合流しての宴会...みんな手が真っ赤だわ。

翌日、同窓会は夕方スタートなので午前中はピーカンの市内を想い出探しジョグ。さすがにあまりの暑さに熱中症寸前状態で午後はホテルで安静。
あ、想い出探しの宇和島探訪ジョグは別の機会にまったりと披露しますね。


ドキドキしながら同窓会の会場へ行くと...懐かしい顔が。
もうその時点で涙が出そうなくらいテンションだわ。
次から次へと握手とハグしながら『久しぶりやな~』、『今どこにおるん?』

P1070921(1).jpg P1070897(1).jpg
宴会はバフェット形式だったけど、宇和島らしく「じゃこ天」プレートあるし..



P1070917(1).jpg P1070949(1).jpg
今夏の甲子園出場ビデオが流れたり、伝統のボート部踊り(?)も披露...


10クラス約400人卒業でこの日は157人が出席とのこと。
同じクラスの男連中との会話はちゃっちゃと済ませてやっぱ当時あこがれのマドンナとの会話が楽しいわ。

式典の中でのクライマックスはやっぱ「校歌斉唱」ですね。
現役時代は恥ずかしいから皆ボソボソとしか歌わなかってけど、今は胸を張って、肩組んで、大声で感謝の念を持って歌える。女性陣のウルウルが伝染して涙腺一杯一杯でしたわ。

3年時の担任が一人一人の家族状況や進路などを覚えておられたのには驚いた。私も何年間か高校と専門学校で教員をしていたけど...自信ないな。


そして2次会、3次会へ。
宴会では必ずラストまでフルアテンドするのが信条の私が、何と2次会終了時の12時で"Go To Sleep"
皆2時頃まで飲み・唄い続けていたそうだ...南国の人間は凄いわ!



宇和島グルメ

宇和島と言えば...やっぱり魚に関する料理かな。

愛媛と大分の間の豊後水道は海流の流れが速いので、この漁場で獲れる魚は身が引き締まっていてプリプリ。特に鯛や太刀魚は有名です。(スーパーで売ってる鯛のほとんどは愛媛産でしょう...今は養殖が多いですけどね)



グルメ1.じゃこ天

今では全国区のスーパーなら何処にでもありますね。宇和島でじゃこ天と言えば井上・野中・田中の3大メジャーが有名です。

P1070747(1).jpg
田中蒲鉾本店の手押しじゃこ天(140円)...冷めていてもブリッブリ!


P1080058(1).jpg
野中かもぼこ店で揚げたてのじゃこ天(147円)+試食半身をいただく。 最高だわ!

P1080061(1).jpg
野中かもぼこ店の作業場...熟練のワザに感激です。



グルメ2.鯛めし

普通「鯛めし」って言うと鯛の身をお米と出汁で炊きあげる「炊き込みご飯」のようなイメージがあると思います。宇和島では漁師さんが海で釣り上げた鯛をその場で食べようと考えたことから始まる刺身丼系の料理として伝わっています。特製出汁に卵を溶いて、そこに薬味と獲れたての鯛の身をぶつ切りにして入れかき混ぜてからご飯にぶっかける...単純だけどもメインの鯛が美味くないとね。

P1070851(2).jpg

P1070853(2).jpg



グルメ3.さつま

白身魚(イトヨリなど)を焼き、身をほぐしたものと麦味噌をすりあわせた汁を麦飯にぶっかけて食べる南予(愛媛県南部)の素朴なヘルシー家庭料理。

P1080068(1).jpg

P1080070(1).jpg


いっぺん来さいや !!

テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

EDIT  |  23:25  |  未分類  |  CM(8)  |  Top↑

2010.08.08 (Sun)

夏の甲子園

甲子園...モチロン阪神タイガースの聖地です。
でも熱~い夏は...高校生にとってあこがれのスペクタクルフィールドとなるのよね。

我が母校・愛媛県立宇和島東高校は一時期甲子園の常連だったこともあるけど、この10年ぐらいはいつもあと何歩かで涙していた。

そして今年...完全にダークホース以下だった愛媛県大会でシード校を倒し続けてまさかの甲子園へ!7月末頃は宇和島東ホットラインが仕事中だろうが夜だろうがガンガンだわ!

先輩達には平井(中日)、橋本(横浜)、宮出(楽天)、岩村(MLB)などがいます。




8月8日第2試合 宇和島東 vs 前橋商業

試合開始40分ほど前に甲子園に到着。球場手前に各校のブースがあり、そこで「宇東31期生」と言うとアルプス席の入場券をいただける。

DSC_0259(1).jpg


応援団のほとんどは前日の夜10時に宇和島からバス数台で甲子園に駆けつけてくれている。本来なら同級生が何人か来る予定だったが直前の宴会で飲み過ぎてバスに乗れなかったらしい...アホか!



スタンドに入ると...どっから集まってきたんやってぐらい一杯やし。

現役生、親、応援団&チア、OB...熱い心は一つやわ!


DSC_0165(1).jpg

DSC_0170(1).jpg

DSC_0172(1).jpg


そして ♪熱球、血をすすり~て~♪ あの応援歌が聞こえてくる...ウルウルです。
2回の攻撃前には各校の校歌が流れ皆と一緒に歌うと自然に目頭が熱くなる。年とったら涙腺ボロボロや。


DSC_0182(1).jpg
現役生は宇和島名物・牛鬼で応援です

DSC_0190(1).jpg

DSC_0198(1).jpg



試合は前橋商のピッチャーに完全に押さえ込まれて『逆転の牛鬼打線』が不発。3-0の完封負けだ。


でも、「なんちゃないてや! また来さい...」


DSC_0204(1).jpg

DSC_0208(1).jpg

DSC_0239-2.jpg


熱く、そして爽やかな感動をありがとう!

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:17  |  未分類  |  CM(6)  |  Top↑

2010.08.02 (Mon)

甲子園もPLも...花火

野球観戦と花火大会...在夏休的週末。
しか~し、悲しいかなメタボでもランナーの端くれ、サイドメニューは必然!


まず土曜日。甲子園で「折れ竜」とのナイトゲーム前に六甲山へ登って「六甲颪」を吹かさねば 

家から阪急六甲までの約3kmをジョグで行くが数日前からの扁桃腺風邪が治りきってなく微熱もあり辛い。
楽ラン・Jさんの案内で初めてのカスケイドバレーを杣谷へ。決してハードなコースではないのだが頭がぼ~っとしてくる。
登り切ったらリタイヤして摩耶山からロープウエイで下山しようかと真剣に考えていた。とりあえず穂高湖で楽ラン・Mくんがエイドを設営してくれてるとのことなのでそこまでは行こう。

到着した我々を待っていたのは...
冷たい飲み物はもちろん、キューリ、そうめん、スキレットで作る鶏肉ソテー、そして麦酒
凄すぎ~

IMGA0001-0.jpg

IMGA0002-0.jpg

IMGA0003-0.jpg

ここでリタイアするつもりだったので調子こいて麦酒を2本いただく。
するとどうでしょう ~ 体調が回復したわ !!
Mくんの魔法のエイドと魔法の麦汁...感謝感謝です。

後半はシェール道からトエンティクロスを経て新神戸駅へ。
下界はPかん続きだったけど山の水量は結構多く、初めて川ドボン。

IMGA0004-2.jpg IMGA0005-2.jpg

それでも前半のフラフラ状態が嘘のように気持ちよく走れた。

二宮温泉で汗を流して「復活酒場」でお疲れさん!



さあ、六甲山降りてきたら次はアルプス。
1塁側アルプススタンド最前列で熱い応援を送るも打者全員を使いきる総力戦は延長12回引き分けで時計を見ると11時30分だ。

IMGA0006.jpg

ほんま~、久保田劇場はもう見飽きたって!
球場からJR甲子園口までの2.5kmをキロ4ダッシュで本日のメニュー終了。
また汗かいてもた。



さあ、翌8月1日と言えば...「教祖祭PL花火芸術」
中学まで富田林に住んでいたのでPLの花火は家のベランダから観たものでした。
隅田川や淀川、神戸のように川や海沿いでの花火大会は風情もありロマンチックだけどやっぱり圧倒的に規模が違う。

30数年ぶりに観ることに。
ただ、20万人近い人出で打ち上げ会場近くは大混雑するのは知っているので車は×..
やっぱランでしょ。

南海高野線・大阪狭山市駅ni6時過ぎに到着。以前は「狭山遊園前駅」という駅名だったのだが10年前に狭山遊園地が閉園したので今の駅名に。なんだか寂しいね。

IMGA0007-2.jpg
駅は浴衣を着た若い子で溢れかえっている。



駅から打ち上げ会場までは3kmほどだけど、時間もあるので34年前へタイムスリップマラニックをすることに。
昔住んでいた家は駐車場になってしまっていたけど幼稚園や小学校、中学校は昔のまま...懐かしい。



ジョグをしながら少しずつ会場(光丘CC)に近づいていくと人、人、人、...

IMGA0008.jpg
ニュースでは18万人の人出だとか...


少し離れると穴場スポットもあるけどせっかくだからかなり近くまで接近。
麦酒と缶酎ハイで体をクールダウンさせて待つ。


そして7時50分...始まる
やっぱり間近で観ると圧倒的な迫力だ。
腹に響く大音響に目が眩みそうなほどの色と光の芸術。
以前に比べると多少パワーダウンしたかもしれないけどまだまだ世界一!

IMGA0009.jpg

IMGA0010.jpg

IMGA0011.jpg

IMGA0012.jpg

IMGA0013.jpg

三脚無し&腕無しのコンパクトデジカメなので、その迫力や美しさがいまいち伝わりにくいのが残念。


ああこの時間、甲子園の久保田劇場でも大きな花火が...



今回はPL名物の仕掛け花火「ナイアガラの滝」が無いらしい。
来年は大がかりな新作が登場すると言う噂が...

最後まで観てしまうと人間の大渋滞に巻き込まれるので少し早めに帰ることに。
府道35号を堺方面へ約6kmのランで南海高野線・初芝駅すぐの旭湯で汗を流して帰宅。

この時間の電車はまだ大丈夫だったけど10時頃からは大混雑でしょうね。
もし来年行く予定の方へ ~ 帰りはちょっと距離あるけど南海高野線・金剛駅で急行に乗ってください。



テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  18:34  |  マラソン  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。