2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

おいでませ ~ 山口へ♪

たぶん最初で最後であろう別府大分毎日マラソンに参加することになった。

久しぶりの九州...1泊2日やけど目一杯楽しまなね!
ただ真っ直ぐ別府ってのも芸がないので、仕事でもプライベートでも行ったことがない山口県・下関あたりを観光することに。

去年開通した九州新幹線の「さくら号」でGO!

P1180349(1).jpg P1180362(1).jpg
ゴージャスな「さくら」の指定席     門司港駅はレトロな駅舎がええわ~


小倉駅でローカル線に乗り換えて門司港駅へ。駅のコインロッカーに荷物を預けマラニックスタイルで巌流島行きの連絡船に乗る。


巌流島って言えば...モチロン「宮本武蔵」vs「佐々木小次郎」です。
ただ、プロレス好きのボガは「アントニオ猪木 × マサ斉藤」ってのが頭に残ってますが...ご存じですか?

P1180392(1).jpg P1180399(1).jpg
巌流島は15分ぐらいで見て回れるほど小さな無人島。


巌流島からは対岸の山口県・下関へ。

此処での目的は...やっぱ「ふぐ」でしょ!

船を降りた下関・唐戸のカモンワーフにある「唐戸熱血食堂 いちばのよこ」にて『ふくづくし1845ミニコース(1845円)』 をいただく。
この内容でこの値段はあり得ない...っと下調べをしてた。

P1180452(1).jpg
ふぐ刺し、ふぐ天ぷら、ふぐ白焼き、ふぐ入り茶碗蒸しと贅沢なオンパレード。


   でも正直...残念でした。

全体的に味が濃くて繊細さがない。肝心なふぐも下処理が不十分なのか少し生臭い。ご飯に至っては半分干からびてるし...昨日の残りやろ! まあ、この値段やから許しといたるゼヨ!!


さあ、下関から門司港までの5km弱の観光マラニックや。

下関と言えば「壇ノ浦の合戦」や幕末の攘夷運動ゆかりの地がたくさんある。
でも悲しいかなマラソンの受付時間が迫ってるので唐戸から門司港駅までの最短距離内の観光ポイントだけに限られる。



P1180476(1).jpg P1180488(1).jpg
左)赤間神宮は平清盛の孫・安徳天皇が祀られている


平清盛の孫・安徳天皇はこの地で入水して平家一門は滅亡し、時代へ貴族から武士へと大きく動いた。そして700年後、長く続いた武士の時代は徳川幕府末期に同じこの地で勃発した馬関戦争を引き金に終焉を迎えることに。歴史は繰り返すのよね...


P1180503(1).jpg P1180473(1).jpg
関門海峡を狙う長州砲         日清講和条約記念館


そして今回どうしてもやりたかったこと... 関門海峡を走って渡る!
関門大橋は自動車専用なので『関門トンネル人道(780m)』なる歩行者専用海底トンネルを使って対岸の九州へ渡るのだ。

P1180527(1).jpg P1180518(1).jpg
この橋は渡れたとしてもNGです..  ここが県境らしい


九州側に渡った後は関門海峡の絶景を楽しみながら綺麗に整備された遊歩道をロマンチックレトロタウン・門司港へジョグ。

国際貿易港として栄えた門司港には、当時の面影を偲ばせる古い街並みが残されている。なんとなく北海道の小樽のようなイメージだ。

P1180537(1).jpg P1180539(1).jpg
旧門司税関               国際友好記念図書館
P1180540(1).jpg P1180541(1).jpg
旧門司三井倶楽部           旧大阪商船



P1180546(1).jpg P1180551(1).jpg
九州鉄道記念館は有料(300円)やったけど...入りました



門司港地ビール工房にて「ジャパン・ビア・フェスティバル2011」で金賞をゲットした噂のヴァイツェンをいただく。

ドイツの代表的なビールの一つで、濁っていて最初はビックリしたけど深いこくと苦みの少ないフルーティな香りで非常に飲みやすかったわ。GOOD!!!!

P1180532(1).jpg



電車の時間が近づいていたので外から写真を撮るだけで精一杯。
結局お土産も買うことができなかった。


マラソンの受付会場である別府へは小倉駅で特急ソニック号に乗り換える。
九州の特急って独創的なデザインでエエかんじやわ。
床はフローリングで頭上の荷物入れは飛行機のような開閉式。

P1180563(1).jpg P1180569(1).jpg


マラソン受付、ホテルのチェックインを済ませて別府の繁華街?で前夜祭。
とり天、りゅうきゅう、団子汁などの地元料理で英気を養う。

ホテルにも大浴場があるのだが徒歩10秒の所に「海門寺温泉」なる外湯があるので行って来た。
入浴料が100円と超激安でロッカーを使う場合は+100円。
湯船は「あつ湯」と「ぬる湯」があった。
まず「ぬる湯」から入ろうと手を突っ込むと ~ 熱っ!!
結局最後まで「あつ湯」には入れんかったわ。

P1180582(1).jpg
2年ほど前にリニューアルしたみたいで綺麗でした



翌日

マラソン終了後は汗を流して大分駅内の居酒屋で軽く打ち上げ。
楽ランメンバーは午後6時前には飛行機、新幹線の時間に合わせて順次撤収。
私は20:40発の高速バス(8500円・3列)なので時間に余裕があったから、事前にネットで調べてた居酒屋『かみ風船』で一人2次会だ。
お目当てはモチロン...「関あじ」と「関さば」。
日曜日&雨&駅から5分以上歩くからガラガラ...って思って店に入ったらほぼ満席の大人気店。

P1180622(1).jpg P1180620(1).jpg
雰囲気、店員さん、料理...今回の旅行の中で最高でした。お勧めで~す。


とりあえずリベンジや ~ 山口県 !! 見所満載!

スポンサーサイト

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:19  |  マラソン  |  CM(4)  |  Top↑

2012.02.06 (Mon)

別府大分毎日マラソン

昔からTVで見る有名なマラソン大会として、びわ湖毎日、福岡国際そして別府大分毎日は頭の中にあった。
でも...まさか自分がそこに出るとは思ってもいなかった。
2年前の篠山のタイム(3h22m)でエントリーしたのはエエねんけど去年からの腰痛で直近の大阪&神戸は4時間ラインのぼろぼろな結果に...


前半は風光明媚な別府湾沿いを、後半は大分市内を走るコースには何カ所か関門がある。

10km : 49分
15km : 1時間13分
ハーフ : 1時間45分
25km : 2時間03分
30km : 2時間28分
35km : 2時間54分
40km : 3時間20分


自分にとってはメッサ厳しい。
ハーフ地点はクリアできるやろうけど30kmあたりで収容バスかな??

エリート大会らしくスタート地点での派手なイベント等は一切無く、着替えて荷物預けてあとは黙々アップする。

スタート30分前、来るべき腰痛に備えてロキソニン投入!!


さあ、いよいよスタートやけどレベルの高い大会の割には緊張してない。
はい、途中の関門で引っ掛かって当たり前と思ってましたから!!

数日前の大寒波がウソのように約10℃でほぼ無風の最高のコンディションの中、大会に敬意を表して携帯やデジカメも持たずほぼ最後方からスタート。


今回の作戦は...とりあえず前半に少しでも貯金すること。

初めのうちは体が重いながら5kmのラップが23分前半。
お待ちかね ~ 20km手前辺りから少しずつ腰が痛くなり始めた。
ハーフ通過が1時間39分14秒で関門閉鎖までの貯金は約6分。

この辺りから腰痛&股関節痛が酷くなり始めたので一気にペースダウン。
25km地点関門では貯金が3分に減ってしまった...

このまま落ち続けると確実に30km地点関門に引っ掛かる。
そんな時に悪魔が囁くのよね ~ 「この苦痛から解放されるで!」って。
意志が弱いから「まあ、フルマラソンで初収容バスの経験もアリかな?」な~んて開き直ってしまったのだが....

不思議なことにそれ以上の痛みは襲ってこない。
ロキソニンの効果か? スポ根ドラマの見過ぎか?

おまけに大分市内に入ってからほぼ最後尾のランナーにも力強い気持ちのこもった大応援が飛んでくる。
感動して嬉しくて立ち止まるなんて出来ないわ...折れかけていた心が前を向いたようです。


腰痛や前日の臑の裂傷を考えると完走なんてとても無理でしょうって宣言して臨んだ別府大分。
当初のリタイヤ予定ポイントである30km地点を何とかクリア。

貯金は2分を切っていた...間に合うか?


この頃、自分の中では40kmの最終関門をゴールと言い聞かせていた。
大幅なペースダウンをしなければ計算上はクリアできるはず。

そして最後の40kmの関門をクリアしたのは
      関門閉鎖 1分10秒前...ギリギリセーフや!!

この瞬間「よっしゃ!完走できる」...だからチョット休憩すますた。
ほぼ同時に通過したランナーさんと「もう大丈夫ですね!」ってハイタッチ!
ここからはキロ6分以上のスロージョグ状態でゴールへ。

3時間32分27秒。

40km以降をそれまでと同じペースでで走ってたら「サブサーティ」やってんけど早く腰痛から解放されたかったので...相変わらずの根性無し発揮!

2年前のPBには10分ほど及びませんが今の状態からすると最高の結果だと思います。


フルマラソンはいろいろ参加してきたけど周りにランナーがいない大会は初めてやわ! なんと言ってもほとんど最後尾ですから。ちなみに私よりあとにゴールしたのは13名でした。


そう言えば...マラソンに関するブログで1枚も写真がなかったのは今回が初めてじゃないかな? それだけ崇高な大会だと思います。


5kmごとのLAP

05km 23:04
10km 23:14
15km 23:16
20km 24:02
25km 26:13
30km 26:08
35km 26:16
40km 26:21

GOAL 3時間32分27秒

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:04  |  マラソン  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。