2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.22 (Wed)

北京国際マラソン

ある意味、世界で一番ホットな国といえる中国。
オリンピック、経済成長、生産品問題....あげたら枚挙に遑がない。
国の威信を懸けて開催したオリンピック後の中国の現状を研究すべく、現地に赴き社会見学してまいりますた。

研修課題は
  『2008北京国際マラソンに参加してこい』......


話はさかのぼること去年の今頃、ANAのマイレージが2万マイルほどあったけど年内に使わないとほとんど消滅する。
正確に言うと年末までに365日以内に発着する航空券を予約しておけばよいのである。
このマイルで行けるのは北アジア地域に限られているのでNo Choiceで中国にターゲットを絞りながらマラソン大会を探す。
韓国に比べマラソン大会自体少なく北京・大連・上海・杭洲ぐらいしかない。
全て日本の企業がメインスポンサーだったけど2008年の北京はANAが手を引くとのことで日本人の参加も少ないと思いロックオン。

あ、参加したのはハーフです。フルは走れません。


オリンピックのおかげでメディアを通して北京の情報がいろいろ入ってくる。
それに伴い「空気悪いのに大丈夫?」、「餃子食べたらアカンで!」等いろいろお気遣いをいただいた。そういうもの全部含めて「現地に行って見てきたるわ!」状態で10月17(金)~20(月)までの3泊4日で参加してきました。

全てを書くと本1冊ぐらいの量になるので(それはオーバーです!)マラソンだけに絞りますね。旅行記はまた後日...


申込はwebからできるけどある程度の英語理解力とPaypal口座が必要です。
但しこのホームページが曲者で、コースマップやスケジュールなどの欲しいデータがゲットできないのでストレスが溜まります。
エントリー開始時は中国語と英語のページしかなかったのですが途中から日本語ページも加わったものの全くアップデートされず使い物にならん。
エントリー済みの確認はweb上から確認できるけど、日本の大会だったら本番2週間前ぐらいには参加ハガキ等が送られてきて”ホッ”とするとこなのですが一切連絡無しで、英語版HPで大会前の金・土にゼッケンとランナーズバッグを受付で渡すのでこの住所のとこへ来なさいと言う数行のお知らせのみ(ビル名や地図もない)。



↓↓↓↓↓  ここからだよ~ん  ↓↓↓↓↓

レース2日前に北京入りしてまずは受付会場に向かう。
google mapで最寄りの駅は把握していたけど大丈夫かな?
と不安になりながら地下鉄5号線・磁器口の出口を出るとビルばっかでわからない。
特に大会インフォメーションも見あたらずキョロキョロしているとそれらしき格好の2人連れが目の前の商業ビルへ。

とりあえず追っかけてみよう。

とビルに入った瞬間

   『え!』 ......
  
テナントの半分以上が退去していて照明もついていない。

「まさか!」って感じ。

DSCN9207-2.jpg


2人連れを追って薄暗い階段(当然エスカレーターは停まっている)を3階に上がるとなんだか列ができていたのでその先頭を確かめるとやはり受付だ。
でも見つけた安堵感よりも目の前の光景から想像する次に来る苦痛を確信し凹みました。

3万人レベルの大会なのだから東京やNYのように大きなコンベンションセンターでEXPOがあるのかと思いきや、なんと30㎡ぐらいのオフィスにスタッフは6名ぐらい。
一人ずつ名前を入力してゼッケンNOを確認後にTシャツやゼッケンを渡す。
入力係は2人。 

え!おいおい、それはないやろう! 長蛇の列だよ。

5時過ぎには到着してたのに10分で1mぐらいしか前に進まねえ。

おかげでやっとゼッケン等をゲットしたときは7時過ぎだとさ。

約2時間立ちっぱなしでパンパンの足を引きずって北京駅へ向かい列車の前売り券(レース後に天津へ移動のため)を購入。本日の予定はこれにて全て終了。

宿の近くまで戻り一人乾杯をして上機嫌になってゲットしたブツ一式を見て
   あれ、安全ピンは?   あれ、ガイドブックは?  
まあ、しょうがないわ。明日(土)の夕方にもう一度行きましょう。

DSCN9718-2.jpg certificate-2.jpg
受付でいただいたランラーズ・バッグとTシャツ  なぜか記録証も入ってるし?


翌土曜日の夕方にもう一度受付に行って貰ってない旨のクレームを言ってガイドブックをゲット!
ちなみに安全ピンは前もって宿の近くの雑貨屋で1元で購入したけど、この日は受付場前で配ってたわ。(昨日は無かったのに!!) 
これで一安心、本日も宿の近くでビールだぜ。
で、飲みながらガイドブックを読んでいると....


が~ん!!  全ての計画を狂わせる一大事発生!

当日はスタート地点で荷物を預けてゴールで受け取るとのことだったので、旅行カバンを預けるつもりだったのに.... 預かるのは受付でもらった「ランナーズ・バッグ」だけだって!

予定ではレース終了後(10時過ぎ頃)に地下鉄やタクシーを乗り継いで約20km先の北京南駅へ移動し、正午過ぎの列車にて120km離れた天津に移動後3時頃の飛行機で上海へ飛ぶと言うとんでもないタイトな計画をしていたのである。
旅行カバンを預けれないとなるといったん宿に帰ってカバンをゲットして動き出すことになるのでどうしても列車に間に合わない。慌てて北京駅に行き2本後の便を押さえ当初のチケットをキャンセル。え、キャンセル料14元とられるの~。




DSCN9390-2.jpg

さあ、レース当日。
スタートは8時15分、あの天安門広場から。
ただ、7時には最寄りの天安門東駅がクローズとのことなので7時10分頃に前門駅から天安門広場へ行こうとすると...  おいおい、公安があちこち封鎖していて道を越えて50m先の集合ポイントまでどうやって行けっちゅうねん! 20分ぐらい他の殺気立っている参加者と共に上下右左うろうろしてたら、やっぱ群衆は爆発しました。フェンス1枚(10m)ぶっ倒したところから何千人かが一気に車道へ出てバスや公安の車が動けない状態となり大騒ぎに。ん~、これが集団心理で大きなデモを起こすお人柄かなと思いながらこの場は便乗しました。

スタート30分ほど前にいろいろ考えた。
今着ているジャージやタオルをランナーズバッグに入れて預けた場合、ゴール地点で何かのトラブルでゲットできなかったらその後の列車や飛行機に間に合わなくなる...
それに加えて言葉の通じない外国人と言う立場を考えるとあらかじめ想定されるリスクは最初から削除すべし。

DSCN9405-2.jpg
ついに楽ランユニフォーム海外デビュー!!


その結果、ハーフマラソンで初めてランナーズバッグを背負って走る羽目に、チャンチャン! 
マラニックとかではリュックを背負いますが、ハーフマラソンでひもむき出しのバッグは初体験ですわ。とりあえず、ひもが肩へ食い込まないようにタオルを間に入れて準備OK!

ちなみにスタート地点の天安門広場には大会本部や売店などは何もありません。


予定ではフルが8時スタートでハーフが15分後。
な-の-に-...! 8時10分になっても音楽なってるし? 
たまにアナウンスが入って「Oh!」って唸ってるけど全く走り出す気配無し。
まじでスタートが15分以上遅れたら後のスケジュールに間に合わなくなるので、途中で切り上げることも覚悟しなけりゃ...と思ってたら突然動き出した。

あれ~、スタートの合図ありました? 

予定より7分遅れの8時22分頃に北京国際マラソンのスタートでした。
ちなみにフルもハーフも10kmも一斉スタートかよ。

DSCN9406-2.jpg
スタート500m地点の天安門前。 全く混みません...この広さですから。

ちなみに3万人レベルの大会はNY、那覇、東京と参加しましたがこれほどスムーズに走り出せるコースは初めてです。道幅が広すぎ~!

特に記録を狙ってるわけでもないので景色を楽しみながら写真を撮りながらのファンランに徹しましたよ。

とにかく北京オリンピックで耳にした『油加(ジャイヨー)』のかけ声ががすごい。観戦者だけでなく走ってる本人達が『ベイジン! ジャイヨー!』と鼓舞しながら走る。
また歌を歌いながら走る集団もいくつかあった。

DSCN9408-2.jpg

服装は受付時に配られたTシャツを来て走ることが推奨されていて、実際中国人ランナーの1/3ぐらいはその指示に従っていた。まだ、仮装というランニング文化は無いようなので中国で走る予定の方はぜひかぶり物で走ってください。ゴレンジャーやスパイダーマンで目立ってください。

昔の噂では交通規制を無視した車や自転車がクラクション鳴らしながらランナーの横を走っていく大変危険な大会と聞いてたけど、オリンピックの後なのでしょう公安や人民軍がばっちり張り付いていたこともあり運営はスムーズでした。

DSCN9409-2.jpg
公安がずらり。この横には人民軍がいたけど恐くて写真撮られへんて!!


キロ表示は5km地点まで無く、やっと出た~と思ったら16kmあたりでフルとコースが分かれてからはゴール地点まで放置プレイです。

外国人参加としては、ベルギー・フランス・南アフリカ・ポーランドが多かったような。レース序盤には韓国のランナーに『テハンミンク、ファイティ!』と声を掛けてから暫く片言の韓国語・英語でおしゃべりをしながら走れたのが楽しかったですね。

DSCN9420-2.jpg
南アフリカのお二人。綺麗な英語でしたね。


最初の5kmは33分。
その後は写真を撮りながら4分45秒/kmあたりで楽しく走れました。
コースはほぼフラットで道幅も十分広く走りやすく、TVとかで聞いてた様な硬さは感じられない。あ、エリートランナーとは靴のソールが違うのですね、納得!

DSCN9411-2.jpg DSCN9418-2.jpg

気温がちょっと高め(25℃)だったけど、心配していた空気も写真のとおり青空で気持ちよく走れました。
12km地点からゴールまでは運河沿いを走るので声援もまばらで景色もちょっと単調。
グロス1時間50分でゴールの海定公園へ....でもこれじゃ終わらないのよね。


DSCN9424-2.jpg


ここで水のペットボトルを受け取ると幹線道路に向けてさらに1kmほど走ってタクシーを拾い地下鉄駅を目指す。が、大渋滞でなかなか進まない。

    え~い、ランナーはやっぱ走れっちゅうことかい?

と道の真ん中で降ろしてもらい1kmほど先の地下鉄・海定黄庄駅を目指してラストラン。時計とにらめっこしながら地下鉄を乗り継いで宿に戻り着替えて即チェックアウト。最後は天津行き列車の出発駅・北京南駅へ向けてタクシーに乗り無事30分前に到着。

いや~、慌ただしかったこと。
今度はゆっくりと....と思いながらまたやっちゃうんでしょうね。
関西人テイストのせかせかトラベルラン ~ やめられましぇん!!

スポンサーサイト

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  21:48  |  マラソン  |  CM(14)  |  Top↑

*Comment

♪お疲れ様

記事を見ているとほんとお疲れ様ですね。マラソンへ行った記事ではないような…。ボガさんの言いたいことまだまだあるようで本一冊は大げさでなさそうです。そんなこと全部楽しんでしまうさすがにボガさんと言わせてもらいます。私にはできそうもないようです。
ジャン |  2008.10.22(水) 23:24 |  URL |  【コメント編集】

♪お疲れさまです!

おぉ!

ついに楽ランのユニフォームが中国上陸!!



しかし、色々と『聞いてないよ~』みたいなことの連続で大変だったようで...。


色んな意味でお疲れさまでした!(笑)



忘年会は行きますんで、また宜しくです。(^^)
3ちゃん |  2008.10.22(水) 23:42 |  URL |  【コメント編集】

♪ジャンさん、

はい、海外でマラソンとなるといつもこんな状態なんです。
ツアーとかでゆっくり行けばよいのですがこの貧乏性は治りませんわ。

いつかはゆっくりとしたトラベルランに行きましょう!
ボガ |  2008.10.23(木) 00:34 |  URL |  【コメント編集】

♪3ちゃん 、

やってきましたよ、楽ラン世界進出の第一歩!
祝・デビュー ~☆

こんな旅行にはトラブル・ハプニングは当然でそれが楽しいのですよ。

忘年会..楽しみですね。何か企画を考えないとね!

p.s. 吉野川ハーフ頑張ります。
ボガ |  2008.10.23(木) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

♪お帰りなさい

ハプニングづくしの北京だったようですね。
それにしても、それもこれも楽しみに換えてしまってるようで、
やっぱボガさんはバイタリティーの塊ですね。
まだまだ書ききれていないような感じですので、この続きはお酒を交えながらですね^^
たっくん |  2008.10.23(木) 21:06 |  URL |  【コメント編集】

♪よくぞ、ご無事で!!

お帰りなさい。
体調もくずされていたご様子だったので、心配しておりましたが…

しかし、いろいろとハプニングも楽しみながらの完走。

さすが、中年の☆やね。

また、お話きかせてくださいね。
chika |  2008.10.24(金) 00:42 |  URL |  【コメント編集】

♪迫真のレポ!

かの国を理解するに象徴的な出来事のオンパレードでしたね。
大変興味深く読ませていただきましたよ。

それにしてもリュック背負って写真撮って、尚且つハーフ余裕の2時間切りのあなたは凄いっす。
是非ウルトラの世界にもおこしやす。
tacoco |  2008.10.24(金) 22:40 |  URL |  【コメント編集】

♪たっくん、

ハプニング好き?...いえいえMじゃないっすから。

でも、こんなんが旅行らしくて面白いのよね。

ボガ |  2008.10.25(土) 00:33 |  URL |  【コメント編集】

♪chikaさん、

メールもいただき有り難うございました。
あのキャンプで体調をくずしたけど抗生物質で何とか持ちこたえましたわ。

我ながらよく無事に帰って来れたと感動してます。
ボガ |  2008.10.25(土) 00:39 |  URL |  【コメント編集】

♪tacocoさん、

スタート10分前ぐらいはどうやってリュックを固定するか四苦八苦。
ひもが肩に食い込みメチャ痛い...で、タオルを挟んだのでした。
いい経験させて貰いました。

ウルトラですか?
持久力、体力、根性....どれをとっても「お呼びでない!」状態でしょ。
ボガ |  2008.10.25(土) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

♪凱旋帰国!?

お疲れさんでした~っ\(^o^)/
いや~、どれをとってみても波瀾万丈でしたね。
海外など九州(ちと違う?)しか行ったことのない私、圧倒されてます(^^;
ともあれお疲れ様でした。
将パパ |  2008.10.25(土) 08:44 |  URL |  【コメント編集】

♪お疲れさまでした~!

一人で中国でマラソン参加って、さすが!度胸ありますねぇ~!
無事にお帰りでなにより(^-^)
スタート地点から広々の渋滞ナッシングランがちょっぴり笑えました(^^;
NAMI |  2008.10.26(日) 23:07 |  URL |  【コメント編集】

♪将パパ さん、

これくらいのドタバタは毎度のことですわ。
それが楽しいのです...はい!

海外...四国や北海道でもマラソンしてますよ。
ボガ |  2008.10.27(月) 19:57 |  URL |  【コメント編集】

♪NAMIさん、

ツアーはお知り合いできるけど高いし融通きかへんからいつも一人です。
度胸....誰かのベガスとええ勝負かな?

3万人が一斉にスタートしてロスタイムは数分...ありえな~い。
でも、家族で楽しむ大会ではないです。
ボガ |  2008.10.27(月) 20:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。