2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.09.23 (Wed)

みちのくひとり旅...岩手編


一関国際ハーフマラソン

さあ、今日はシーズン一発目の大会だ。
7時前にホテルの簡単な朝食を済ませたあと荷物を預かっていただき、会場である一関市役所までの約2kmをジョグで行く。


ハーフの部スタートは9時50分。
音響設備がよろしくないようで、直前のスピーチが聞こえず突然ピストルが ”パン!” だって。

2km地点あたりで2分後にスタートした10kmの部のトップ選手達が凄い勢いで横を走り抜ける。いや~、ちょっと危ないっしょ。何故10mを先にスタートさせないの?


P1030219(1).jpg P1030220(1).jpg
上位3位を独占した城西大学...速え~



エイドは延べ6カ所で全てにスポーツドリンク、水、スポンジが用意されている。

コースは比較的フラットなのですが、17km手前の「さあ、あともう少し」と言うところできつい坂が待ってます。ここをクリアしたら残りは惰性で何とかゴールできると思います。

P1030221(1).jpg P1030222(1).jpg
かっこえ~、独眼流・伊達政宗や!  カエルの着ぐるみは子供達に大人気



まあ、シーズンスタートのハーフだから5分/キロを切るぐらいのペース走感覚ながら1時間40分は切りたいところです。ところが、思った以上に気温が高かったことと風が結構きつかったので、根性無しボガはJOG状態で最後まで走ってしまいました...とさ。


P1030224(1).jpg P1030228(1).jpg
磐井川沿いは本当に気持ちよいです。


タイムは1時間40分52秒 !! 

二日酔いで遅刻ぎりぎりの高槻とほぼ同じで、Kやん祝宴後のヘロヘロ福井よりも4分ほど遅い.... う~ん、特に夏場は練習してませんからこんなもんか!

12月の三田or宝塚のハーフでなんとか35分以内を....
そして年明け1月末の大阪ハーフで30分切ることが今シーズンの目標です。

  30分切る前にお腹の肉を切るか?


ゴール後は豚汁&おにぎり2個をもれなくGETできま~す。
また、銭湯or健康センターの無料券もあります。
近くのスーパーでは岩手県民食といわれる「餅」をいろんな味付けで食べ放題。昼食の予定があったので4個で我慢...悔しい~です。

P1030229(1).jpg P1030235(1).jpg
おにぎり、豚汁そしてお勧めの餅(左より、ずんだ、納豆、桜エビ、ネギ大根)


極めつけは完走者を対象としたハワイ・韓国・青島太平洋へ抽選での招待です。順位関係ないのですから魅力ですね。 ....当然はずれましたよ。




平泉の文化遺産を訪ねて


さあ、風呂に入る時間ももったいないのでホテルのトイレで着替えてエアコンのない路線バスに揺られること20分。行き先はと言えば...残念ながら世界遺産登録には至らなかったですが、平安時代後期に藤原清衡が戦争のない平和な理想郷をめざした平泉。

P1030245(1).jpg

駅前で2時間500円のレンタサイクルを調達して平泉の名所めぐりへ....

まあ時間もあまりないので、嘉祥3年(850)に天台宗の高僧・慈覚大師円仁が開山したとされている『中尊寺』『毛越寺(もうつうじ)』に行くことに。

まずは天台宗東北大本山で山号を関山という中尊寺へ。
麓にチャリを留めて月見坂なる参道を登っていく。
1km弱の急な上り坂はハーフを走ったあとには結構厳しいものがあるって。
それよりシルバーウイークのおかげで人多すぎでしょ。

P1030260(1).jpg
登り初めて600mぐらいの本堂。ご本尊は阿弥陀如来。


中尊寺でのお目当てはもちろん奥州藤原氏が造立した建造物の中でただ一つ現存する「中尊寺金色堂」ですね。全てを金箔で包まれた堂内に藤原氏の遺体などが安置されているまさに平泉文化の象徴なのでしょう。ただ、人が多すぎてゆっくり見ることができないし、撮影禁止。5分弱で800円か.....う~ん..

P1030271(1).jpg
この建物の中にそれは見事な金色堂があります。


そして毛越寺は...そのほとんどを焼失したらしいのですがとにかく美しい。
広大な境内の中には池中立石がみごとな大泉が池を中心とする浄土庭園が配されていたようです。

P1030289(1).jpg

P1030292(1).jpg

P1030299-2.jpg



そうそう、平泉は源義経とも縁が深いのです。
16歳の頃に京都の鞍馬を抜け出した義経はここ平泉で藤原秀衡のもと青春時代の6年間を過ごしたらしい。その後、平家との戦いを期に兄・頼朝に追われ平泉に逃げ戻ったのですがついに自害した。


P1030250-2.jpg
中尊寺の登り口付近にある「弁慶の墓」


さあ、そろそろ本日の宿である宮城県・気仙沼に向かわなくては。
バスを乗り継いで2時間か....まだ今日はビールを飲んでない。




スポンサーサイト

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:29  |  マラソン  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

♪歴史の”もし”

みちのくに突然現れた都といってもいい都市”平泉”
この藤原3代の繁栄は謎といってもいいかもしれませんね。
歴史にもしは許されませんが藤原秀衡がもう少し長生きして
義経とともに頼朝と対決していたらと思うとわくわくします。
ジャン |  2009.09.28(月) 18:35 |  URL |  【コメント編集】

♪ジャンさん、

まあ、争いをあまり好まなかった藤原清衡が造った平泉なのでたとえ3代目が頼朝に対抗しようとしても先は見えてたような。
しかし、あの時代に鎌倉から平泉への討伐って...ウルトラマラニック以上でしょうね!!

とにかく初めての東北は良い勉強になりました。また行きたいわ!!
ボガ |  2009.09.28(月) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

♪堪らん~っ!

食いしん坊&所謂「歴女」のわたくしにとって餅4種食い放題と平泉中尊寺を並べられては、もういかんでしょ。ヨダレたらたらですわ~。
来年はスケジュールと財布との睨めっこになりそうです。
tacoco |  2009.09.29(火) 21:56 |  URL |  【コメント編集】

♪tacocoさん、

餅はね、10種類以上あったのですよ。
ただ昼食の予定を入れてたので泣く泣くあきらめたのでした。
初めての東北でしたが歴史、街、食、人...全てよかった!!

来年は虎×金鷲を杜の都で見ながらのマラニックはいかがでしょうか?
ボガ |  2009.09.30(水) 01:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。