2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.08.20 (Fri)

宇和島観光ジョグ

宇和島には中3の夏に大阪から引っ越してきて約3年半ほど住んでいた。当時は学校と趣味のバンド活動中心の毎日だったので宇和島の歴史や自然に関してあまり興味がなかった。


さすがに年齢とともに読書や旅行を通じてその地に関する歴史などに興味が出てくるものです。

今回は10年ぶりの同窓会に併せて久しぶりに里帰りしたので、たった半日しかないけど宇和島観光ジョグをすることに。



宇和島市は愛媛県南部(南予地方)に位置し、美しいリアス式海岸の続く海で養殖されている真珠や魚は日本有数。城下町や宿場町、門前町も多く、いにしえ情緒たっぷりの町並みが今も残されている。

P1070806(1).jpg
宇和島城天守閣より



大坂の陣で活躍した奥羽の覇者・独眼竜こと仙台藩主伊達政宗の長庶子・秀宗(長男だが側室の子)に元和元年(1615年)伊予宇和島10万石が与えられ、それ以降は伊達氏が廃藩置県まで治めた。特に八代伊達宗城はいわゆる幕末の四賢侯として有名で、逃亡中の高野長英を匿い蘭書翻訳を行わせ、イネ・シーボルトを保護し、村田蔵六を招いて蘭学を講じさせ、台場築造・軍艦建造を行ったりと、時代の先を見る目があったらしい。



竜華山等覚寺

先ずは藩祖の眠る竜華山等覚寺にある「藩主伊達家墓所」へ。
伊達家菩提寺で初代秀宗や八代宗城(むねなり)など代々の墓があり、大名の墓所として荘厳雄大。墓所での撮影は遠慮しました。

P1070739(1).jpg
味がある山門です



宇和島城

加藤清正と並ぶ築城の名手・藤堂高虎によって築城されたといわれてます。
天守閣は築城以来約400年の歳月を経ており、現存する12ヶ所(弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城)の天守閣のうちでも江戸時代様式を留める貴重なものとして国の重要文化財(城跡は史跡)に指定されている。

P1070804(1).jpg



高野長英居住地

高野長英はシーボルトの鳴滝塾にて医学・蘭学を学び、その後は塾頭となるほどの秀才であったが、幕府を批判したため追われる。宇和島藩主伊達宗城に匿われ、蘭学の指導、兵書の翻訳、砲台の築造に協力したそうです。

P1070750(1).jpg
高野長英をかくまっていた所。



大村益次郎の住居跡

わが国近代兵制の創設者として有名な大村益次郎(私にとっては村田蔵六と言った方がしっくりとくるのですが)は緒方洪庵の適塾で蘭学を学び、後に八代藩主伊達宗城の招きによって来藩し、蘭学の教授、兵書、翻訳に従事した。昔NHKの大河ドラマで『花神』(原作は司馬遼太郎)が放映されていた頃、ちょうど宇和島時代だったのだが村田蔵六に関しては名前ぐらいしか知識として残ってない...司馬遼太郎の本を読み漁りたくなってきたな!

P1070825(1).jpg
このあたりをシーボルトの娘・おイネさんと...



えひめ丸慰霊碑

2001年、米国原潜「グリーンビル」がハワイ沖で宇和島水産高校の漁業実習船「えひめ丸」に衝突して沈没させ実習生ら9人の命を奪った。水産高校の中に慰霊碑が建てられているので黙祷を捧げる。
P1070827(1).jpg
学校が休みだったので外から慰霊碑に向かって黙祷



和霊神社

漁業を中心に広く産業の神として、中四国で崇められている和霊信仰。その総本山といえるのが宇和島の和霊神社で石造りの大鳥居は日本一の大きさです。最近知ったのですが、土佐の坂本龍馬の家守護神(屋敷神)は和霊神社だそうです。文久2年3月24日、龍馬は「ちくと花見に行ってくるきに」と言って家を出ると、桜花爛漫の高知市外にある和霊神社に詣で、祖霊と酒を酌み交わしてから脱藩したとのこと。和霊神社の本社が宇和島であることが碑文に明記されている。ちなみに私が卒業した宇和島市立城北中学校は和霊神社の横...その当時そんなこと知ってたら歴史が変わったかもぜよ!!

P1070835(1).jpg

P1070837(1).jpg



この辺りで走り出して5kmぐらいだけど35度を超える酷暑ランでフラフラ。次の闘牛場は山の上...



闘牛場

スペインの闘牛とは違うけど日本にも闘牛の文化があります。
久慈市(岩手)、二十村郷(新潟県)、隠岐島、宇和島市、徳之島、沖縄などが盛んで、どちらかと言えば相撲の形態に近いです。たまたま当日『宇和島闘牛お盆場所』が開催されてたので近くまで走ってみた。宇和島在住時代は当然行ったこと無いけど現地人(同世代)もほとんど縁がないらしい。やっぱ観光用の闘牛みたいです。ちなみに35年前にピンクレディーが宇和島でコンサートした会場はこの闘牛場です。

P1070844(1).jpg




天赦園

七代藩主宗紀が隠居の場所として建造した池泉廻遊式庭園。伊達家の先祖が藤原鎌足であると言うことから藤原氏を偲び6基の藤棚があるのだが...季節的に(真夏ですから)色鮮やかな藤の花は無しでしたわ。ここも初めてなのですが、小さいけど整備の行き届いた綺麗な庭園でした。

P1070860(1).jpg



市立伊達博物館

ここも初めて入りました。伊達家歴代の古文書のほか、武具・甲冑や貴重な調度品、衣装、陶磁器など、伊達十万石の歴史と文化を今に伝える逸品が多数展示されています。
特に、国の重要文化財に指定されている豊臣秀吉の肖像画は、国内に残っているものの中で最も優れたもので、歴史の教科書にも使用されているらしい。


まあ名所ではないけど母校・宇和島東高校や当時入り浸ってた喫茶店などを懐かしみながらの想い出探しマラニックは13キロ。暑すぎました!


おまけ
P1070759(1).jpg P1070755(1).jpg
ワシントン椰子が並ぶ駅前通    宇和島駅の中には「牛鬼」が...

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

EDIT  |  17:52  |  未分類  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪歴史記事だ

歴史記事の力作ですね、楽しく拝見させていただきました。
ほんと花神を思い出します。
蔵六は宇和島時代が一番楽しかったんではないでしょうか。
イネ・シーボルトのことはもちろん技術者が技術を認めてくれる人の元で働ける幸せを感じていたと思います。
この後は彼自らが望んだこととはいえ長州に戻り、幕末明治の大波にもまれ、ついに暗殺という目にあってしまいましたもんね。
宇和島も行ってみたくなりました、この間松山までいった時に宇和島まで足をのばせば良かった。
ジャン |  2010.08.24(火) 17:18 |  URL |  【コメント編集】

♪ジャンさん、

当時のTVチャンネル権は父親でしたので日曜8時はいつも大河ドラマ。
こっちは野球やバラエティが見たいけどテレビが1台しかないので部屋でうじうじと...
でも花神だけは地元ベースの題材だったので見てましたわ。

宇和島は松山から高速道路で1時間強ですが、途中に愛媛の小京都と言われる内子町や龍馬脱藩の町・大洲に寄るのもよいがじゃ。

いっそのこと「龍馬脱藩の道マラニック」はあきませんじゃろか?
ボガ |  2010.08.24(火) 23:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。